障害者支援施設
サイトマップ サイトマップ
トップページ
トップページ
園の紹介 園の生活 地域とともに お知らせ・問い合わせ メニュー
お知らせ 求人 キャリア・ステップ 職場紹介 アクセス 問い合わせ
 

先輩からの一言

福祉支援係 石川大貴石川さん

【勤続】2年

【自分の仕事内容】
 私は、福祉支援係に所属し、ソーシャルワーカーとして働いています。 利用者の相談に乗り、その人らしく生活ができるように日々のサポートを行っています。
 相談は多岐にわたり、制度のことや日常生活のこと、医療のこと、金銭のことご家族のことなど様々です。その都度、他の専門職や他の機関・病院と連携し、資源を活用しながら支援を行っています。
 また、入園の窓口となるのも福祉支援係です。行政や医療機関、ご家族からお問い合わせいただき、入園の調整を行います。
 その他、ボランティアの方々や地域の機関とも協力し合いながら、地域と清瀬喜望園をつなぐ役割も果たしています。

【良いところ】
 清瀬喜望園には、内部障害をお持ちの方、知的障害をお持ちの方、様々な病気をお持ちの方が暮らしています。そのような方々と長い時間をかけて、対話できることが一番の魅力だと感じています。いろいろなことをお話していただき、その方をよく知ることが出来ます。また、専門知識はもちろん、様々なことを学べる環境だと思います。
 有給休暇も初年度より20日あり、取得もしやすい環境です。そのため仕事とプライベートの両立が可能です。


生活介護支援係 諏訪啓示諏訪さん

【勤続】5年

【自分の仕事内容】
 私は生活介護支援係という係で働いています。利用者さんが普段の生活を送るための様々な支援を行っています。食事、排泄、入浴などの介助や、掃除、洗濯など、それぞれの利用者さんの出来る事出来ない事に合わせて、生活に必要なことを補っていきます。また、日々の余暇活動や季節の行事などを準備して提供したり、何気ない瞬間に利用者さんとお喋りをしたりして、コミュニケーションをともに楽しむことも重要な仕事の一つです。
 私は現在、生活介護支援係の係長という役職についています。係長として、介護係の職員の意見をまとめたり、他部署と利用者さんの支援についての調整を行ったりといった業務も行っています。

【良いところ】
 さまざまな障害やさまざまな特性を持つ利用者さん、一人ひとりと向き合い、共に支援を考えて行くことができ、やりがいを感じられます。
 医療体制が充実しているので、介護職としては安心感を持って仕事が出来ます。具体的には、介護士だけでなく、看護師も24時間体制で勤務しているため、利用者さんの体調不良時には、すぐに看護師に相談ができます。精神的に余裕を持って、業務にあたることが出来ると思います。
 有給休暇を取りやすい職場なので、仕事とプライベートとのバランスを保てます。私の係では、男性も育児休暇を取りますし、病気休暇で職員が休む際にも、他の職員がチームとして補い合い、助け合って休む人の穴を埋めていくという雰囲気があります。


管理栄養士 坪井由季 坪井さん

【勤続】 11年(12年目)

【自分の仕事内容】
 栄養士は職場に1人のため、給食管理、栄養管理を全て担当しています。食材費にも比較的恵まれており、季節感や手作りを大切に、利用者様に喜んでもらえるような献立作成、食事提供を心掛けています。食事が治療の一環となる利用者様も増えており、様々な治療食対応も行っています。また食事形態が合わなくなった方、体調不良であまり食事が進まない方などにも、お一人お一人の状態に合わせた対応を行います。調理師にもなぜこの対応が必要なのかを理解してもらいながら調理をしてもらっています。
 各行事の際の食事や行事食も栄養士の腕のみせどころです。季節の行事食だけでなく、卒寿(90歳)を迎えられた方にはご本人の希望されるお祝い膳を用意したり、年度末には特別献立として、まぐろの解体ショーや鍋パーティーなど、イベント的な食事提供を行い、利用者様に喜んでいただいています。

【良いところ】
 喜望園に入職する前は病院での経験しかなったのですが、施設の栄養士は、利用者様と長くお付き合いできるのが醍醐味です。利用者様の好みを把握した上で献立作りができますし、また利用者様への理解を深めながら、様々な関わりを持つことができ、すぐには解決できない課題も多職種の力を借りながら解決していきます。また栄養士と調理師の連携も大変良く取れており、昨年の仮設引越しで大きく業務内容が変わった際も、一致団結して新しい環境での仕事の流れを構築しました。
 入職3年目に妊娠、出産を経て復職しましたが、妊娠中に急に自宅安静の指示が出された際も、上司をはじめ職場全体に助けてもらい、その後も安心して産休、育休を取ることができました。復職後も小学校入学まで1時間の時短勤務をさせてもらい、子供の保育園への送迎も無理なく行えたりと、育児と仕事の両立ができたと思っています。時間休が取れることは、特に子供が小さい頃は急な呼び出しなどもあるため、実際に必要になった際はもちろんのこと、普段からの安心感も大きな物があります。