資料
 

東京都清瀬喜望園職員倫理規範



1.
援助にあたっては、利用者の人間的尊厳の保持、個性・人格の尊重を基本とする。
2.
利用者の生命・安全・財産を守る。
3.
利用者と職員は対等な立場と対等な関係にあることを確認する。
4.
利用者主体の生活の確立をめざし、利用者の意思と自己決定権を尊重する。
5.
職務上知り得た利用者の秘密やプライバシーを保護する義務を負う。
6.
利用者の訴えや相談に対しては、受容的態度と傾聴を基本とする。
7.
ノーマライゼーションの理念に基づき、利用者が地域社会の一員として生活し、通常の社会的諸活動に参加する権利を保障する。
8.
利用者の障害の程度、年齢、性別、国籍、宗教等による差別的取り扱いを禁止する。
9.
精神的・心理的な言葉による威嚇や無視・放任などを含む、いかなる体罰や暴力も禁止する。
10.
職員は常に自らの職務の専門性の向上とその研鑽に努力する。