資料
 


個人情報保護に対する基本方針

平成17年4月1日

 

 社会福祉法人東京アフターケア協会は、当法人が扱う個人情報の重要性を認識し、その適切な保護のために、「個人情報の保護に関する法律」(平成15年法律第57号)及び関係法令等の遵守徹底をはかるため、以下の各項を実施し、利用者及び職員の個人情報の保護をはかることを基本方針とします。

1. 個人情報の適切な収集、利用、提供の実施
(1) 個人情報の取得にあたっては、あらかじめ使用目的を特定して通知または公表し、利用目的にしたがって適切に個人情報の収集、利用、提供をおこないます。
(2) 本人の同意を得ないで、あらかじめ通知または公表した利用目的の範囲を超えて利用することはいたしません。
(3) 偽りその他不正な手段により個人情報を取得することはいたしません。
2. 安全性確保の実践
当法人の取り扱う個人情報の漏洩、滅失または毀損の防止、その他個人情報の管理のための取組みを全役職員等に周知徹底させるために、個人情報保護に関する規定を明確にし、必要な教育をおこないます。
3. 委託先の厳格な管理
個人データの取り扱いを委託する場合は、個人データ保護の観点からその選定基準を明確にし、個人データの安全管理のための措置を委託先に対しても確保できるよう十分な監督をいたします。
4. 個人情報保護に関するお問い合わせ窓口
利用者ご本人から、当法人が保有する個人情報についてのご質問やお問い合わせ、あるいは、開示、訂正、削除、利用停止等の依頼については、窓口を設置し、適切な対応をはかります。

なお、この基本方針は適宜見直しをおこない、継続的改善に努めてまいります。

社会福祉法人東京アフターケア協会
理事長 小島 貞夫






個人情報の利用目的

東京都清瀬喜望園では、利用者の尊厳を守り安全管理に配慮する個人情報保護方針の下、ここに利用目的を特定します。あらかじめ利用者本人の同意を得ないで、必要な範囲を超えて個人情報を取り扱うことはいたしません。

<利用者への生活・医療・看護等の各支援サービスの提供に必要な利用目的>
1.東京都清瀬喜望園内部での利用目的
  @ 当施設が利用者に提供する各支援サービス
  A 支援費に係る事務
  B 各支援サービスの提供に係る当施設の管理運営業務のうち次のもの
入退所、入退院等の管理
会計、経理
事故等の報告
2. 他の関係機関及び行政機関等への情報提供を伴う利用目的
  @ 当施設が利用者に提供する施設支援サービスのうち次のもの
利用者に福祉サービスを提供する他のサービス提供事業者や居宅支援事業所並びに福祉事務所等との連携、照会への回答
利用者の診療等にあたり、外部の医師や医療機関の意見、助言を求める場合の照会への回答及び外部医療機関で受診する場合の医療情報の提供
家族等への心身の状況説明
苦情解決に係る第三者委員への情報提供
3. 支援費及び管理委託料関係事務並びに診療報酬請求関係事務のうち次のもの
 
支援費及び管理委託料の請求・受領・精算事務
診療報酬審査支払い機関へのレセプトの提出
審査支払い機関又は保険者からの照会への回答
4. 損害賠償保険などに係る保険会社等への相談又は届出等
<上記以外の利用目的>
1. 当施設内部での利用に係る利用目的
  @ 当施設の管理運営業務のうち次のもの
各支援サービスや業務の維持、改善の基礎資料
当施設において行なわれる学生等の実習への協力
当施設において行なわれる事例研究
2. 他の事業者等への情報提供に係る利用目的
  @ 当施設の管理運営業務のうち次のもの
外部監査機関への情報提供
第三者評価事業所への情報提供