障害者支援施設
サイトマップ サイトマップ
トップページ
トップページ
 

地域貢献事業の紹介

 社会福祉法等の一部を改正する法律が平成二十八年三月に公布され、社会福祉法人の地域貢献が推進されるようになりました。清瀬市に事業所を持つ社会福祉法人では、地域の抱える困難な福祉課題の解決に向け、協働して地域社会に貢献する取り組みを行い、地域福祉の推進を図ることになりました。市内の二十二の社会福祉法人の三十三施設が集まり「清瀬市社会福祉法人社会貢献事業協議会」を平成二十九年十月十六日に立ち上げ、地域の様々な人が生活しやすくなる取り組みをスタートさせました。
 清瀬市社会福祉法人社会貢献事業協議会では、四つの役割として(一)「相談支援」〜思いを受け止める〜、(二)「さまざまな場づくり」〜地域の力を応援〜、(三)「福祉教育・人材育成」〜わかりあえる人づくり〜、(四)「広報・情報発信」〜あんしんの力に〜を定め活動を開始しました。
 最初の活動として、地域の活動を応援しようと、地域住民に貸し出しできる部屋や備品などの情報や、住民が参加できるイベント情報を掲載した「資源帳」を作成しました。この資源帳は各福祉施設、事業所、公共施設、市役所に置いてあります。また、清瀬市社会福祉協議会のホームページでもご覧いただけます。
 この他、清瀬市社会福祉法人社会貢献事業協議会では、「どこへ相談していいか分からない」とき、まずは身近な社会福祉施設などがお話を伺う活動を始めました。参加事業所が「ひとまず相談窓口」を開設し、関係機関と連携して支援します。清瀬喜望園もこの「ひとまず相談」を実施していますので、福祉、介護、制度など福祉関係の相談や困りごとがありましたら、気軽にお越しいただくか、電話をおかけください。もちろん、障害者以外の高齢者や子供さんのことなども「ひとまず相談」はお受けします。