障害者支援施設
サイトマップ サイトマップ
トップページ
トップページ
 

解体工事について

 昨年11月21日に開催された「解体工事住民説明会」を皮切りに、清瀬喜望園と清瀬療護園の旧館の解体工事が始まりました。
 まずは、解体に影響する樹木の伐採、続いて、建物内装の解体、外壁のアスベスト撤去、5月からは建物自体の解体が始まります。その後、地下部分の解体と埋め戻しが行われ、来年5月末に更地にされます。

 工事に際して、東京都財務局、福祉保健局、工事担当の共同企業体責任者、工事監理会社、清瀬療護園、清瀬喜望園で組織する連絡打ち合わせ会を、毎週開催し、工事の進捗状況や課題を協議し、安全な解体工事が進められるようにしています。